読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シン++の自己満足日記

私、シン++が題名の通り自己満足のためにつけてる日記です!私の日常や思ってる事などをつらつらと文章にしていけたらな、と思います。暇な人用です(そもそも読む人いるのか)。時間を有意義に過ごしたい方はブラウザバック推奨です。

1日空きましたが私は元気です

どうも皆さん、やり過ぎで1日だけスマホを没収されていたシン++です。
親滅びろ(私怨)



さて、前回の日記で〇〇の主役は我々だ!の方々について語りましたが、今回は絵について語ります。
所謂イメ画というやつですね。

グルッペンさんとトントンさん、オスマンさん、鬱先生、シャオロンさんは個人的にとても描きやすいです。
描けないのは、ひとらんらんさん、コネシマさん、ゾムさん辺りですね。特にひとらんらんさん。あの日本海軍の帽子描けないです、帽子。
これから描けるようになりたいです。

こちらが3DSのソフト『Colors!3D』にて描いたグルッペンさんとトントンさんです。
f:id:sin-plus-346:20170312005905j:plain
f:id:sin-plus-346:20170312005914j:plain

この時、トントンさんは初描きだったんですが、毒素のお2人は特に描きやすいですね。いいゾ~^

そしてこちらがアナログで描いてTwitterにあげたイラストです。
f:id:sin-plus-346:20170312010053j:plain
f:id:sin-plus-346:20170312010132j:plain
f:id:sin-plus-346:20170312010342j:plain
f:id:sin-plus-346:20170312010448j:plain

(あれっ描きやすい人しか描いてない)
個人的にオスマンさんのイメ画すごく好きです。
我々だの皆さんは軍服が多いのがいいですね。
あと驚異のメガネ率。皆さん賢いですもんね(偏見)

そういえばTwitterやってます→@shindaburuplus
よかったらフォローして話しかけて下さいね。

話が逸れましたね。まぁ今回は絵を公開しただけで話終わるんですけどね((



日記という名でやっているのにリアルの事を書かない事案が発生しているのでリアルの事描きます。

先日、大阪にあるユニバーサルスタジオジャパンへ行きました。
最後に行ったのが確か小学生低学年の頃なのでとても久しぶりだったんですよ。そしてパーク内へ入って上を見上げて一言。
ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドって、こんなに低かったっけ?」
そうです。私は女子です。成長期なのです。そりゃあ昔は高く見えていたものも、今見たら低くなってますよね。新しい視点で、新鮮な気持ちでした。

開園時間から閉園時間までずっといました。
最初に乗ったのはハリーポッターのやつです。新しいライドだから、混むだろうなということで開園してからすぐに乗りに行きました。

並び始めて10分くらいで乗れました。1番怖かったのは洞窟内で大きな蜘蛛が出てくる所です。蜘蛛恐怖症の私にはキツかったです。

その他沢山のライドに乗ったのですが、印象に残ったのがハリウッド・ドリーム・ザ・ライドジュラシックパークですね。ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドの事から話していきます。

私は結構背が高いほうなので、昔から乗れたは乗れたのですが如何せんジェットコースターなるものが苦手だったんです。落ちる時の恐怖よりも、始まった際の緊張感が本当に苦手なんです。
しかし意を決して乗りました。死ぬかと思いました。多分3回程死にました。
何が怖いって最初に高く登るのはずるいよ…ずっと怖いじゃないか…。
でも何故か終わった時は楽しかったと思えるんですよね、どういうメカニズム!?
そして曲は期間限定の松岡修造ボイスが合ったのでそれを聞いてました。どうも、リボーン修造です。
ダメですねこれ、知ってる人しか話が分からない。

では続いてジュラシックパークの話に行きましょうか。感想を一言で言うと、「冷たい」。
なんせ最前列だったものですから、最後落ちた時に濡れる濡れる。終わったあとでバックドラフトへと赴き、冷えた心と体を暖めました(物理)
アレに乗る時は水に濡れないよう対策するのがいいですね(戒め)。どの列になるか分からないですし、濡れる所はガチで濡れますから。
落ちる時間が長いですよね、アレ。体感ではハリウッド・ドリーム・ザ・ライドのどの落ちるポイントよりも長かった気がします。
そして裏話『あの小さい恐竜2匹が引っ張っていた服の近くに某ネズミーマウスが描かれた服(布?)が落ちている』を聞いたのは帰った後でした。確かめたかった。



さて、今回はここまでにしておきましょうか。恐らく写真のせいでかなり長くなりそうですからね。

では、閲覧ありがとうございました!